10年続く坐骨神経痛で座れない状態から、5㎞程走れた症例|50代男性

男性 50代 症状解消まで17回 会社員 期間168日

10年前に駅伝マラソンをきっかけに慢性的な右腰と右股関節周辺の坐骨神経痛が続き、3年程前までは痛いながらもジョギングは出来たが、徐々に悪くなって走る事を止める。その後痛みと付き合いながら生活していき、1週間前にはずっと座っていられない状態にまで悪化。某病院、治療院へ行くも改善の期待が持てなかった。ホームページで当院を知り来院。

初回来院時の主な悩み

初回のカウンセリングでお聞きしたこの方のお悩みポイント

・座ることが多く、右殿部(お尻)に異物が入っているような痛みでずっと座れない

・徐々に悪化していて、元々やっていたジョギングも出来なくなった

・痛み止めが効かない

・1週間ほど前から特に悪化して更にひどくなるのではと不安

初回来院時の身体の状態

・腰、右お尻(殿部)、太もも(大腿部)、ふくらはぎ(下腿部)の筋肉がとても硬くなり血流が非常に悪くなっている

・その状態で長年生活していて脳からまちがった指令が行き身体を上手く使えない

・下半身で上手く踏み込むことが出来ず、身体のバランスが崩れる

・身体の正しい使い方を脳が忘れている状態

施術経過:

1回目~8回目

週に1回通院。痛み、症状をラクにするために足腰の筋肉を中心に施術。経過を見て上半身から下半身の身体のバランス調整を行う。座っている際の痛みがラクになるが、朝の起き掛けの痛み、症状が残る。

9回目~13回目

週に1回通院。身体のバランス調整、脳に間違った信号を送らないように、身体に覚えさせ習慣化するよう施術。9回目からジョギング3㎞程を何年か振りに再開、10回目で朝の起き掛けの痛みラクになるも、その後11~13回目まで痛くなったり、ラクになったり繰り返し、身体にはあまり変化を感じられず停滞期となるも、強い症状は出なくなる。

14回目~17回目

3週に1回通院。14回目あたりから良い状態の期間が長くなりだし、17回目でほぼ痛み、症状が気にならなくなる。ジョギングも5㎞程走っても支障無くなる。

 

その後は1か月に1回のメンテナンス通院をしながら再発しない身体づくりをする。

 

①身体をラクにする②身体のバランスを調整する③脳に間違った信号を送らないようにする

といった形で施術をすすめていきました。

この方のように10年もの長い年月の身体のトラブルの結果、重症化されている場合は、良くなるまでに時間がどうしても掛かってしまいます。

逆に急激に変化させようとすると、かなりの確率でその反動が体に悪影響を及ぼすこともあります。そうならないように慎重に施術いたしました。

少し時間が掛かり、途中で症状が不安定になったり、変化を感じられない停滞期もありましたが、最後まで諦めずに一緒に頑張ってくれたおかげで、改善の方向へ向かうことが出来ました。

施術者としてとても喜ばしく思います。

 

当院のコンセプトは

『施術で関わった人の【人生】を変える』

この投稿を見て当院に興味持ってくれたら嬉しいです!

当院のYouTubeチャンネルでセルフ整体、健康情報あります!来院出来ない方にはおすすめ!

▼役立つ情報いっぱいの札幌整体のYouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UClHgQmzzbFa69QdcE59ttLw

当院へのアクセス情報

住所〒063-0804 北海道札幌市西区二十四軒4条4-13-2
予約当院は完全予約制となっております
営業時間平日9:00-12:00(最終受付) / 15:00-20:00(最終受付) 土曜日9:00-12:00(最終受付) 日曜日9:00-12:00(最終受付) / 15:00-20:00(最終受付) 祝祭日9:00-17:00(通し営業)
定休日水曜日
電話011-688-8321